省エネ塗料

地球規模での年々気温が上昇しているのは、皆様テレビの報道等にておわかりだと思います。特に、夏には日光を浴びた鉄筋コンクリートから室内へ放出されるふく射熱による熱帯夜ほど寝苦しいものはありません。

一番多く日光を浴びているのは、屋上・外壁・窓ガラス越しなどが考えられますが、ロケーションによっては、西日が強く当たる箇所などに台所があったりした場合などは暑苦しい中料理を作ることとなる為、毎日が苦痛となってきます。当然、クーラーはフル稼働となり、電気代も馬鹿になりません。

その対策として、これまでのようにフィルムを貼ったり遮光カーテンを活用したりしておりましたが、今 太陽光を反射する「遮熱塗料」を塗布したり、ガラスコーティングといった特殊施工によるふく射熱を防ぐ方法が注目されてきております。私どもは、耐久性にも優れた「遮熱塗料・コーティング施工」を推奨したいと考えます。そのことで、水道光熱費等の削減及びCO2削減の近道と考えるからです。

沖縄県では、2010年6月14日から8月31日迄 住宅の屋根や壁面に太陽熱を通しにくい高遮熱塗装を施したり、窓ガラスに遮熱フィルム・コーティングを施工する住宅に対する補助金事業(沖縄県住宅遮熱化促進事業補助金)を展開しておりま す。期間は、2年間 住宅を遮熱化しエアコンから排出される二酸化炭素(CO2)の削減を図る「住宅遮熱化等省エネルギー促進事業」ためのものである。費 用の3分の一を補助する。いくつかの諸条件があるようですので、詳しい内容については、下記へ問い合わせして確認願います。

沖縄県公衆衛生課

http://www.okica.or.jp/koeikyo/

遮熱塗料

アレイガ

Comments are closed.