オーダーカーテンのスタイル

「基本」のドレープカーテンとレースカーテン

「基本」のドレープカーテンとレースカーテン

レースカーテンとドレープカーテンを比べると、どうしてもドレープカーテンに重点を置きがちですが、実は使用頻度が高いのは昼、夜問わず窓辺を飾るレースカーテンのほうなのです。

しかし、ドレープカーテンにも大切な役割があります。防寒や遮光、調光などの機能面では、やはりドレープカーテンのほうが上になります。それに大きな布で窓を覆うわけですから、部屋の雰囲気も生地によって大きく変わります。ある意味で住む人のセンスやライフスタイルの象徴とも言えるかもしれません。

スッキリしたスタイルで 今大人気!

プレーンシェードプレーンシェード:生地を水平にたたみながら、上下に昇降するシンプルなスタイルです。

シャープシェードシャープシェード:ストレートな横のアクセントラインがさわやかな表情を見せてくれるシャープスタイル。
シンプルでありながら、窓辺をシャープに演出し、すっきりとしたたたみ上がりが室内を引き締めます。
お部屋のテイストに合わせてファブリックスを選べば、モダンな空間から和の空間まで

ダブルシェードダブルシェード:生地を水平にたたみながらすだれのように上下に昇降する「プレーンシェード」を2つ重ねたのがこのダブルシェードです。前後2枚のシェードを別々に操作できます。ブラインドのように採光を調整できる利点と、カーテン生地の風合いを融合させたスタイルです。前後のずらし方を変えるだけで、いつもと違った感覚が楽しめます。ドレープカーテンとレースカーテンの組合せにはない印象です。特に縦長の窓に良く合います。

オーストリアンシェード

オーストリアンシェード:タックを贅沢にとった豪華なスタイルです。

バルーンシェード

バルーンシェード:裾がバルーンのようにまるくたくし上がるスタイルです。

ヨコ型ブラインド:最近では色や種類が豊富になり、様々な材質のものがあります。部屋の雰囲気をすっきりとシンプルに演出すると共に、遮光効果も高く、その上採光と通風を確保しながらプライバシーが守れるというメリットがあります。

タテ型ブラインド

タテ型ブラインド:オフィスなどで利用される縦型ブラインドでしたが、最近では一般のご家庭でも人気が上昇しています。ルーバーの種類も増え、柄や色を選んでバリエーションが楽しめるようになりました。陽射しの採光を調節したり、視線のコントロールなど、実用性にも優れています。

ロールスクリーン

ロールスクリーン:部屋をカジュアルかつシンプルに演出します。開閉の手軽から、部屋の空間の間仕切りなどに使用する場合もあります。カーテン生地などを使用することによって、カーテンとのトータルコーディネートも出来ます。

プリーツスクリーン

プリーツスクリーン:シンプルベーシックな無地調から和紙調、すだれ調など洋・和を問わずコーディネート出来ます。光の調節やプライバシー保護など、機能的にも、また操作性も優れています。

木製ブラインド

木製ブラインド:自然素材ならではの心地よさや質感をいかしたウッドブラインドです。

マイカスタムロールスクリーン

マイカスタムロールスクリーン:カーテン生地で作るロールスクリーンです。お気に入りのデザインをロールスクリーンにして楽しめます。カーテンとのコーディネート、色の組み合わせで窓に合ったスタイリングの可能性が広がります。

ウインドーフィルム

ウインドーフィルム:ウインドーウフィルムは、貼るだけで窓ガラスに様々な機能を付け加えます。 日射しの暑さをさえぎる、有害な紫外線をカットするという「快適性を向上させる機能」や、ガラスの飛散を防止する、ガラス破りによる侵入犯を防ぐなどの「セキュリティーを向上させる機能」によって、窓ガラスに快適と安心をプラスします。

Comments are closed.